デジタル・ビジネスモデル

かつてのモノ=ハードの概念は変わり、
ソフトウェアを纏ってスマート化するのがIoT。
”Hard” x ”Soft”の融合価値でビジネスを創出しましょう。

デジタル・ビジネスモデルのトップ画像

IoTで新たな利益を創り出せ!

経営が求めるものは「利益」です。
ものづくりは従来の「ハード」一辺倒の価値提供では利益は確保できなくなっています。
IoTの本質は「ハード」と「ソフト(デジタル)」を融合したビジネス変革そのものです。

例えば、「モノ」「ヒト」「カネ」それぞれの視点で変革するには、
「モノ」であれば、かつてないアイデアで、製品やサービスを作る必要があります。

「ヒト」であれば、ソフトウェアの価値対する意識を変える必要があります。

「カネ」であれば、成果ベース料金体系など、新たな料金徴収モデルを考える必要があります。

変革の大きなパラダイムに、顧客との関係持続性が重要です。
言い換えると「カスタマーライフタイムバリュー」にIoTを活用し新たなポジションが築けるかが事業の成長を左右してくると考えられます。

IoT

ゲームチェンジャーの主役になれるか!

誰でも知っている革新的な例は、アップル社のiTunesでしょう。
iTunesというソフトウェアを無料提供し、スマホやタブレットを使用している顧客は知らず知らずにiTunesにロックインされています。

日本の建設機械メーカーのコマツは、競合に先駆けて建機にセンサーを付けGPS経由でその稼働状況を地球のどこにあっても監視可能にしています。
これもiTunes同様、ロックインの1つです。

そのアイデア自体は他の企業でも考えることはできたでしょう。しかし、それを実行に移したことが「イノベーション」です。
ビジネスを「ゲーム」に例えるなら、変革者は「チェンジャー」。
素晴らしいビジネスモデルを考えても、実行しなければ意味がありません。

「ものづくりIoTと言えばB-EN-G」をご活用ください!

Innovation

デジタルの力でビジネスモデル変革を目指せ!

先進事例から、IoTを活用したものづくりの新ビジネスモデルは3つ方向があると考えます。

  • ・顧客の業務を取って代わり、それを高度なサービスとして提供する「カスタマーオペレーション代替型」
  • ・機器を販売して対価を得るのではなく、機器の実際の仕事量を課金する「製品能力の量り売り型」
  • ・ある一定の条件をクリアして、その成果の度合いにより報酬を得る「サービスの成果報酬型」

どこを目指しますか?

変革へのチャレンジはこれからです! 

ビジネス変革を目指せ

デジタル・ビジネスモデル、導入事例、各種ソリューションに関するお問い合わせは、
こちらのお問い合わせフォームか、 お電話にてご相談ください。